access

MENU

BAR CAVALLO the Salon

熊本産赤牛のボロネーゼ

2013.06.18 posted by honda

熊本産赤牛のボロネーゼ

先日、まかないで作るつもりが、予想以上に美味しく出来たので、
是非食べて頂きたくお勧めでお出しすることにしました。
熊本産の赤牛の粗引きミンチをバターで焦げが少しできる程炒め、
その後、カットトマトで1時間程煮込んだ絶品のミートソース。
大量にはお作りしていませんので、是非ご賞味ください。
 
              シェフ  本田 卓

カテゴリ:[  フードメニューについて  ]

シャンパーニュの品揃えを

2013.06.17 posted by takahara


6月に入り、CAVALLOではシャンパーニュの品揃えを強化中です。

ここ最近のブログでビールなどをお客様にお勧めしてまいりましたが、泡のお酒といえばやはりシャンパーニュ!
特にまだ日が照っている時間に飲むシャンパーニュは個人的に格別だと思います。グラスでもボトルでもお客様にお楽しみいただけるよう続々とシャンパーニュの銘柄を増やしております。

品揃えの中心となるのが数年前より話題になっているRMシャンパーニュ。小規模ながら丁重な造りでコストパフォーマンス抜群な銘柄が多くCAVALLOのセラーの中にも常時数銘柄を取り揃えています。気軽に楽しめるものから、長期熟成の優雅なものまでバリエーションも豊富で食事を選ばず対応できるのもRMシャンパーニュの魅力です。

写真のボトル以外にも常時新しい銘柄が入荷しております
お気軽にセラーを開けてご確認ください!

高原




カテゴリ:[  ドリンクメニューについて  ]

ボウモア プロヴェナンスシリーズ

2013.06.12 posted by Mitarai

「ダグラスマックギボン社」の名前でダグラスレイン(以下DL)社がリリースしているのが、この“プロヴェナンス・シリーズ”です。蒸留されたシーズンを春夏秋冬に分け、それぞれを別の色でラベリングしています。
現在DL社が取り扱う商品の中で、世界中から最も需要が高まっているシリーズです。

以下はテイスティングコメントです。

ボウモア 10年 1997 SPRING
口に含んだ瞬間からオイリーでスモーキーさが広がり、アイラの潮風を思わせる爽やかな風味が鼻を抜けていきます。
アイラの潮風を思わせる爽やかに鼻を抜けていくピートと、程よくつづくヨード香が心地よい。
ピーティ過ぎるのが苦手と思っている方、チョコレートや牡蠣に合わせて飲むのもおすすめ。

ボウモア 10年 2002 AUTUMN
とらえにくい繊細な香りが徐々にあたたかくなり、かすかにピートの効いた大麦や麦芽の香りへと変化する。
口にするとやわらかく、さきほど香りに現れていたよりもしっかりピートを感じる。 
フィニッシュでは、やわらかいフェノール、漂うスモーク、あたたかいタール、

スコットランド、アイラ島の季節を想像しながらお楽しみいただけたらと思います。

御手洗

カテゴリ:[  御手洗 友亮  ]

スペイン産ラパンのラグーソースパスタ

2013.06.11 posted by honda


スペイン産の骨付き1羽(モモ肉、背肉)を、野菜のフォンと一緒に
二日間煮込み、二日間寝かせて作ったラグーソースのパスタです。
丸で骨のまま煮込むので旨味がソースに染み出し、野菜の旨味と
合わさったソースがパスタに絡む一品です。
今回、特別にご用意した
ウサギの煮込みのラグーパスタを是非ご賞味下さい。
                      
                               シェフ 本田 卓

カテゴリ:[  フードメニューについて  ]

Sherry & Tonic

2013.06.10 posted by TAKAHARA

先週はビールを先ずはの一杯にお勧めしておきながら節操がありませんが、今週お勧めするのはシェリートニック。

辛口のフィノシェリーをトニックウォーターで割るだけの誠にシンプルなレシピなのですが、グラスから香るふわりとしたシェリー独特のフロール香、程よい酸味にトニックウォーターの苦味が相まって爽やかな風情があります、じめじめとしたこの季節にぴったりではないでしょうか。

写真のシェリーはバルデスピノ社のイノセンテ。古典的な造りながらもフレッシュでいきいきした香りで人気のフィノ・シェリーです。もちろんフィノに限らずマンサニージャやアモンティリャードでもお試し下さいませ!


高原

カテゴリ:[  ドリンクメニューについて  ]