access

MENU

BAR CAVALLO the Salon

クリスマスコース 温前菜

2013.11.19 posted by honda

クリスマスコースの試食も終わり、いよいよメニューが決まりました。
冷前菜、温前菜、パスタ、お魚料理、お肉料理、ドルチェの6皿のコースです。
12月20日〜25日までの六日間1日5組の限定のコースですので、ご予約はお早目に
宜しくお願い申し上げます。


今回は温前菜のご紹介をいたします。


白菜とフォアグラのテリーヌ トリュフの香り 的矢牡蠣のソテーを添えて


冬野菜の白菜とフォアグラを何層にも重ね、トリュフの香りを加え、テリーヌに仕上げたものと
当店自慢の冬の味覚、的矢の牡蠣を使った前菜です。
ソースは、素材の味を堪能して頂きたく、オリーブオイルとバルサミコの
シンプルなもので仕上げています。

また牡蠣に合わせてワインの方も準備していますで、是非、ご一緒にご堪能下さいませ。

カテゴリ:[  フードメニューについて  ]

ザクロと洋梨

2013.11.14 posted by Takahara

絞りたてのザクロ果汁と熟れた洋梨を使いジャックローズをアレンジしてみました。普段使っているグレナデンシロップとは風味の良さが段違いですね。ザクロも洋梨も秋口の果物のイメージがありますが、最近ではもう少し寒い時期まで楽しめるようです。ディナーでお腹いっぱいの際の食後酒にぴったりです、ぜひお試し下さいませ。

高原

カテゴリ:[  ドリンクメニューについて  ]

的矢の牡蠣

2013.11.13 posted by honda

今年も三重県の的矢から冬の食材 海のミルク牡蠣が届く時期になりました。
当店では好例ですが的矢の牡蠣は清浄無菌牡蠣です。

清浄的矢牡蠣とは・・・。
的矢地区で昭和3年カキの養殖を始めたのは、水産学者佐藤忠勇で、戦後はカキの養殖高は減少しました。
これにはアメリカ軍が「日本のカキは不衛生だから、食べないように」と指示を出したことによるもので、
この言葉を聞いた佐藤は再び奮起し、生でも安心して食べられる「無菌かき」作りの研究を開始します。
1945年(昭和20年)、紫外線で殺菌した海水を利用したカキの浄化法を考案し的矢牡蠣が誕生しました。
カキには1時間に17-20Lの海水を体内に通過させて餌をとり、20時間で体内の細菌や汚れを吐き出す習性があり
この性質を利用し紫外線を1分間照射した海水の中に20時間入れて滅菌する紫外線滅菌浄化法が考案されました。
なお、使用する海水は流水式で、カキが吐き出した汚水を再び吸収しないように工夫されているそうです。
このようにして生まれた的矢牡蠣は「清浄的矢かき」として欧米にも深く知られることとなり、
現在では三重県の地域ブランド・三重ブランドとして愛されています。
カキ本来のうま味を台無しにしてしまう本来の殺菌方法とは違い、的矢牡蠣は、真珠のとれる綺麗でプランクトンの豊富な志摩の的矢湾の水で『垂下式牡蠣養殖法』『紫外線滅菌浄化法』により短期間で大きく育った若い牡蠣で、2〜3年かけて成長した牡蠣に比べ、断然身が柔らかく、甘味、旨味が強い食感のよい牡蠣に成長します。

今年もこの美味とされる『的矢の牡蠣』を当店でご賞味下さい。

カテゴリ:[  CAVALLOこだわりの食材 ]

ハイスピリッツ カリラ16年 1995 カラーズコレクション

2013.11.13 posted by Mitarai

イタリアを代表するボトラーズのハイスピリッツ社より新アイテムが届きました。今回のボトルはスコットランド、アイラ島のカリラ蒸留所です。アイラ島原産のウィスキーが持つ独特のピート香、最後まで長く続くピートの香りを愛する方にお勧めしたい一本です。

カラフルでポップなラベルとは裏腹に非常にすっきりとした味わいでバランスも良く、それからしっかりとしたピートが押し寄せてきます。ラベルを眺めながらアイラ島の風景を思い浮かべ楽しまれてみては如何でしょうか。

御手洗

カテゴリ:[  御手洗 友亮  ]

Lheraud Pineau des Charentes 7years

2013.11.07 posted by Takahara

シングル・ヴィンヤード・コニャックのなかでも安定した品質に定評のあるレロー家のピノ・デ・シャラントが入荷しました。ピノ・デ・シャラントは、スペインのシェリーや、ポルトガルのポートワイン等の酒精強化ワインとは違い未発酵の葡萄果汁にブランデーを加え樽で数年熟成させたもの。もちろんレローのピノ・デ・シャラントには自社の葡萄が使われています。

熟成期間は7年と短く感じますが、葡萄果汁本来の瑞々しさと添加されたブランデーの素性の良さの感じられる上品で優しいお酒です。締めの一杯にはもちろん、シガーのおともにいかがでしょうか。

高原

カテゴリ:[  ドリンクメニューについて  ]