access

MENU

BAR CAVALLO the Salon

贅沢な飲み比べ

2013.04.25 posted by keisuke

先日のお休みに、とても贅沢な飲み比べを経験いたしました。
写真の二本。マニアなら涎が出てくる逸品です。どちらもオールド・プルトニー。しかしただのボトルではございません。黒いラベルはケイデンヘッド社の昔懐かしダンピーボトル。そして白いラベルはゴードン&マクファイル社のボトル(しかもジャコーネ・ボトル!!)です。全てのボトラーズの頂点に君臨するといっても過言ではない2社の貴重なオールドボトルを飲み比べたのですが、いやぁ、どちらも素晴らしい!の一言です。ボトルの状態も良く、現在のリリース品では味わえない奥深い味を堪能いたしました。個人的にはGM社のジャコーネ・ボトルの方が好みでした。その味わいについては、あえて何も記さないことにいたします。皆様も、このようなボトルに巡り合った際には、何をおいてもチャレンジされることをお勧めいたします。きっと、素晴らしい世界が待っていますよ。


バーテンダー
清水 継介

カテゴリ:[  バーテンダーのひとり言  ]

念願の・・・。

2013.04.12 posted by keisuke

高校時代から憧れていた「大型自動二輪」の免許を、この度めでたく取得いたしました。かつて3ヵ月ほど原付に乗っていたことはありますが、実質的には全くの初めての二輪体験でしたが一度も補習を受けることなく、無事自動車学校を卒業することが出来ました。これで私もライダーの仲間入りです。これからの季節、ツーリングするには最高です。二輪乗りの皆様、初心者ライダーの私に温かなお誘いをお待ちしております。


バーテンダー
清水 継介

カテゴリ:[  バーテンダーのひとり言  ]

世界最小の・・・。

2013.03.28 posted by keisuke

お客様より珍しいものをいただきました。
おそらく世界最小と思われるハンドメイド・シガーです。インド産のこの葉巻は、大変小さく喫煙時間も約1分と通常の煙草よりもお手軽に楽しめる葉巻です。喫ってみると、夏の線香花火のような火薬のかおりがし、その奥に甘みが感じられなかなかイケます。お店においてますので、ご興味がおありの方はお声をかけてください。

バーテンダー 
清水 継介

カテゴリ:[  バーテンダーのひとり言  ]

「酒つくりの現場からのメッセージ」

2013.03.21 posted by keisuke

先日東京へセミナーを受講しに行って参りました。
今回は東京目黒にあるBAR SAWAさん主催のセミナーで「酒造りの現場からのメッセージ」というタイトルです。
そのテーマの通り、実際に蒸留所で働いている方や新商品の開発をされた方の生の声が聴ける、大変貴重な時間となりました。全5回のセミナーで、今回はサントリーさんよりお二方、プルシアというリキュールを開発された方と、山崎・白州の両工場長を勤めてらした方のお話をうかがうことができました。一般的なメーカー主催のセミナーと最も異なっていたのは、販売戦略としてのセミナーでないということ。商品の説明などは一切なく、日頃どういった心持で酒造りに取り組んでいるのか?開発に至ったきっかけは?蒸留所建設にとって最も大切にすべきことは何か?等々、全て両氏の個人的な考え・スタンスに沿って話が進められ、とても興味深い2時間30分でした。こういった現場からの生の声を、皆様にお届けするお手伝いが少しでもできればと思います。


バーテンダー
清水 継介

カテゴリ:[  バーテンダーのひとり言  ]

Cuban Cigarへ

2013.03.07 posted by keisuke

当店のお客様より「北九州に葉巻専門の良いお店があるよ」との情報をいただき、早速行ってきました。

小倉北区にあるそのお店は「Cuban Cigar」。エントランスに大きくはためくキューバの国旗が目印です。店内はバーカウンターや上質のソファが配置されており、お昼から葉巻を燻らすことができます。店内の約3分の1を占めるウォーク・イン・ヒュニドール内は湿度・温度ともに完璧に調整されており、当然のことながら葉巻の状態も抜群です。この日は、コイーバ1966や、ボリーバー・ゴールドメダルなど計6本を購入しました(あまりの状態の良さに、翌日も行ってしまったのですが)。

北九州にお住いの葉巻愛好家の方、また北九州に行かれる予定の愛好家の皆様、お薦めの一軒です。

バーテンダー 
清水 継介

カテゴリ:[  バーテンダーのひとり言  ]