access

MENU

BAR CAVALLO the Salon

5月の特選素材を使たイベントは 的矢の夏牡蠣

2016.05.21 posted by honda

5月の特選素材を使たイベントは 的矢の夏牡蠣 です。
5月25日〜5月30日の限定で三重県的矢の200g〜250gとても大きいサイズ岩牡蠣を仕入れます。
25日20個、27日に20個の限定入荷です。
食材に合わせて特別なシャンパンやウイスキーをご用意しています。

当店では好例ですが的矢の牡蠣は清浄無菌牡蠣ですのでご安心してご賞味下さい。


清浄的矢牡蠣とは・・・。
的矢地区で昭和3年カキの養殖を始めたのは、水産学者佐藤忠勇で、戦後はカキの養殖高は減少しました。
これにはアメリカ軍が「日本のカキは不衛生だから、食べないように」と指示を出したことによるもので、
この言葉を聞いた佐藤は再び奮起し、生でも安心して食べられる「無菌かき」作りの研究を開始します。
1945年(昭和20年)、紫外線で殺菌した海水を利用したカキの浄化法を考案し的矢牡蠣が誕生しました。
カキには1時間に17-20Lの海水を体内に通過させて餌をとり、20時間で体内の細菌や汚れを吐き出す習性があり、この性質を利用し紫外線を1分間照射した海水の中に20時間入れて滅菌する紫外線滅菌浄化法が考案されました。
なお、使用する海水は流水式で、カキが吐き出した汚水を再び吸収しないように工夫されているそうです。
このようにして生まれた的矢牡蠣は「清浄的矢かき」として欧米にも深く知られることとなり、現在では三重県の地域ブランド・三重ブランドとして愛されています。
カキ本来のうま味を台無しにしてしまう本来の殺菌方法とは違い、
的矢牡蠣は、真珠のとれる綺麗でプランクトンの豊富な志摩の的矢湾の水で『垂下式牡蠣養殖法』『紫外線滅菌浄化法』により
短期間で大きく育った若い牡蠣で、2〜3年かけて成長した牡蠣に比べ、断然身が柔らかく、甘味、旨味が強い食感のよい
牡蠣に成長します。

この美味とされる『的矢の牡蠣』を当店でご賞味下さい。

カテゴリ:[  イベントのお知らせ  ]